審美歯科、矯正歯科、インプラントを表参道でお探しならデンタルクリニック・コスモルソ表参道へ。

0120-099-44(診療・受付時間 11:00~19:30|年中無休)

コスモルソ表参道について

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. >顎関節症治療

コスモルソ表参道について

顎関節症治療

Engagement、ほっておくと普段の生活に支障が出るほどに進行してしまう。

20?30代がピーク、女性に多い顎関節症。

「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などといった症状に心あたりがあれば、顎関節症の疑いがあります。軽度であれば自然に治癒することもありますが、そのまま放っておくと普段の生活に支障が出るほどに進行してしまうことも。肩こりや頭痛を引き起こすなど、全身に悪影響を及ぼすようにもなりがねませんので注意が必要です。

 

顎関節症の患者はここ十数年で15倍にも増加したとも言われます。子供~高齢者まで幅広くみられる病気ですが、年齢では10代半ばから増え始め20~30代がピーク、女性は男性の2~3倍の来院数だそうです。なぜ女性が多いのかはよくわかっていませんが、女性の方が筋肉の緊張やストレスに対して感受性が高く痛みに敏感で健康にたいする関心が高い、男性よりも骨格や靱帯が弱い、女性ホルモンに関係がある、などの説があります。
噛み合わせと顎関節には密接な関わりがあります。ですが、それを認めてしまうと、今までの歯科治療を行った歯科医師が、顎関節の不調の責任を追及されることになります。そのため、「噛み合わせと顎関節に関係はない」という、歯科業界全体の流れがあることは、憂うべきことです。顎関節症は、それ自体、大変苦しい症状であるばかりか、頭痛・肩こり・原因不明の不快な全身症状といった不定愁訴の原因ともなります。コスモルソ表参道は、噛み合わせと顎関節、全身の関わりを理解し、総合的な視点から、明確な顎関節症治療をおこなっています。

 

顎関節症の原因

噛み合わせの悪さ

ずれた噛み合わせで長期間食べものを咀嚼(そしゃく)していると、顎にも負担がかかり顎関節症につながります。

 

歯ぎしり

多くの人は寝ている間に多少の歯ぎしりはしているも のですが、あまりに強い力で歯ぎしりをしていると顎に負担がかかります。

 

ストレス

ストレスなどが原因となる歯の食いしばり。歯ぎしり同様、回数が多かったり力が強すぎたりすると、顎への負担が大きくなります。

 

コスモルソ表参道の顎関節症治療の特徴

スプリント治療(マウスピース)とセルフケアだけでは、 顎関節症病は治りません!
本当に治したいなら、噛み合わせ改善を。

顎関節症は、顎関節・咀嚼筋・噛み合わせのいずれかの異状により起こる症状です。
患者さんにより、いずれの原因で顎関節症の症状が起きているかが異なります。
また、全身の不快な症状があっても、顎関節・咀嚼筋、噛み合わせに起因するものではない場合もあります。顎関節症の原因を正確に診断し、その原因により異なった顎関節症治療のアプローチをしています。このとき我々は、快適な噛み合わせを取り戻すことをめざした総合歯科診療をおこなっております。

関節円板を元の位置に戻し、痛みの原因となっている萎縮した筋肉をほぐすことで、緊急に痛みの緩和をおこないます。 その後、咬合調整、スプリント療法などをおこない、噛み合わせの基準を定めて(中心位)治療を進めて、最終的には「理想の噛み合わせ」をつくることを目指します。

ページの先頭へ
c デンタルクリニック・コスモルソ表参道 All Rights Reserved.