審美歯科、矯正歯科、インプラントを表参道でお探しならデンタルクリニック・コスモルソ表参道へ。

0120-099-44(診療・受付時間 11:00~19:30|年中無休)

歯並びが悪くなってしまう原因とは?

歯並びが悪いと、見た目だけではなく健康状態にも影響を及ぼす可能性があります。小さい頃気にならなくても、大人になってから歯並びを気にする方は多くいらっしゃいます。歯並びが悪くなる原因は様々ですが、日々の生活で特に関係があるのが以下の4つです。

 

1.片側の歯で食べる

多くの方が食べ物を食べる時に片側の歯だけを使う傾向にあります。その状態が長く続くとアゴがよく噛む側へずれていきます。そうなると歯並びも悪くなる為、意識して両側の歯で食べるようにしましょう。

 

2.頬杖や爪噛み

日常生活で、無意識に頬杖をついたり、爪を噛んだりしていることはありませんか?このような行動を長く続けると、顎の骨が歪みやすくなり、歯の位置がずれ、歯並びが悪くなります。

これらがクセになっている方が多くいらっしゃいますので、歯並びの悪さに影響することを意識して、気づいたらやめるようにしましょう。

 

3.寝相の悪さと歯ぎしり

寝相が悪かったり、就寝中に歯ぎしりをしたりしてしまう方も注意が必要です。うつ伏せや横向きで寝ると歯に圧力がかかり歪みやすくなります。

また、就寝中の歯ぎしりは通常の噛む時と比べ数倍にもなり、寝相の悪さと同様、歯に圧力がかかってしまいます。寝る時はなるべく仰向けになるのが理想です。

しかし、歯ぎしりは寝ている間の気づかぬ内にやっているという方が多いですので、心配な方はマウスピースをして就寝することをおすすめします。

 

4.歯の治療を中断する

歯の治療を中断してしまうと歯並びが悪くなります。特に治療の一環として抜歯した後は、その周りが不安定で動きやすい状態となりますので、短期間で歯並びに悪影響を及ぼすことがあります。また、抜歯しなくても治療中の歯がある場合は歯科に通い、最後まで治療を続けることを意識しましょう。

もし、少しでも歯並びが悪いと思うのであれば、早めに矯正歯科に通うことをおすすめします。今は科学技術の発達により、様々な矯正が可能です。矯正歯科に力を入れている当院であれば、スピーディーに歯を矯正することが可能です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です