審美歯科、矯正歯科、インプラントを表参道でお探しならデンタルクリニック・コスモルソ表参道へ。

0120-099-44(診療・受付時間 11:00~19:30|年中無休)

歯周病は日本人の多くが悩む病気!?

歯周病は症状が酷くなると、歯が抜け落ちてしまうことがある恐ろしい病気です。この歯周病は厚生労働省の調べによると日本人の約8割がかかっているといわれるほど、日本人にとって気をつけなければならない身近な病ですので、普段からケアをするように心がけましょう。また、歯周病のケアをするにあたって、歯周病の知識を深めることが大切です。審美歯科・矯正歯科に力を入れている当院では、歯周病をはじめとした様々な歯のお悩みに適した治療を施します。

歯周病の主な原因はプラーク

g_02_01

歯周病はプラークに含まれている細菌が原因で発症する病で、細菌は歯と歯茎の境目にたまったプラークの中で増殖します。そして増殖した細菌によって歯茎が炎症を起こし、徐々に歯を支える骨を溶かしてしまいます。

その為、何も治療をせずに放置してしまうと最終的には歯が抜けてしまうのです。そのようなことにならないためにも、早めに予防と治療に努めることが大切です。

 

歯周病は徐々に進行していく!

歯周病は自覚症状があらわれにくい病気であり、徐々に進行していきます。初期の段階では歯茎から出血することはあっても、痛みはまだありません。しかし、中期に入ると炎症がひどくなり、歯がぐらついてきますので、この段階で自覚する方が増えます。

そして末期になると歯茎から膿が出たり、歯の根元の部分がむき出しになったりします。歯周病のレベルは、健康的な歯周ポケットの深さは3mm以下、初期段階で4mm程度、中期段階で4~6mm、末期段階で6mm以上と表されます。

 

歯周病は全身疾患とも関わりがある!?

歯周病はお口の健康だけでなく、体の健康にも悪影響を与えることが明らかになっています。例えば、歯周病は誤嚥性肺炎と関係があるといわれております。

誤嚥性肺炎とは高齢者に多くみられる病気で、唾液中にある細菌などが気管に入り、やがて肺に感染することで肺炎を引き起こします。

特に高齢者になると咳をする機能が衰えてしまい、唾液やプラークなどが気管に侵入しやすくなってしまいます。他にも糖尿病や骨粗鬆症、早産・低体重児出産になる可能性もありますので、注意が必要です。

 

歯周病に悩まされている方は、当院をご利用ください。表参道駅から徒歩で通える距離にある当院は審美歯科があり、科学的根拠に基づいた方法で歯周病を治療致します。また芸能人のような美しい歯並びを手に入れたい方は、矯正歯科をご利用ください。矯正歯科では、透明で見えないマウスピースや治療期間を短縮することができるスピードオルソなどを用いて治療します。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です